FC2ブログ
2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装高校生の長い一日

女装高生 秀美-6

24歳の女装高校生です。
ネットで知り合った方が先日、私の地元にお泊りになるとのことで彼のホテルの部屋で待ち合わせしました。
夜の10時にホテルの部屋に行きました
お相手は43歳でいい感じの方でした。
事前にチャットやメールで色々話していたので(プレイの内容やNGなど)お会いするのを楽しみにしていました。

その日の私は彼に指定されたミニスカにニーソ、キャミにダウンを羽織っていきました。
もちろん女装高校生である私はセーラーとブレザーの制服とベビードールをかばんに詰めていきました。
部屋についてチャイムを鳴らすと、彼は私を迎え入れて玄関でいきなりキスしてきてちょっとビックリ・・・そのまま引き入れられると指を使って乳首を丁寧に愛撫してくれました。
しばらくそうした愛撫が続いていてやっと部屋のソファーに座らされました。
ちょっと休憩を兼ねてビールで乾杯しながら改めて自己紹介をしました。
彼が自慢気に私を責める為の道具をテーブルに並べだしました。
『ちゃんと制服は持ってきた?それと泊れるんだよね?』
彼に聞かれて、持ってきた制服と下着、そしてパジャマにしようと思ってるベビードールをかばんから出して彼に見せました。
彼はすごく喜んで制服と下着の組み合わせを決めていました。
『じゃあ、最初はセーラー服でどうかな?ブラは付けずに白のTバックショーツと紺ハイだけにしてくれないかな?』
『わかりました。』
トイレで着替えて部屋に戻ると彼から『お尻は綺麗にしてきたかな?』と聞かれました

私は『済ませてきました』と答えました。
『確認するよ。ベッドに四這いになれ』と言われ彼は我慢させるプレイが好きだと言っていたので素直に従いました。
どのくらい入ったのかわ自分では解かりませんでしたが辛い事を彼に伝えると後ろ手に拘束されてしまいました。
私が泣きそうになって『もう無理・・・』って、言うとようやくトイレに行かせてもらえました。
もう一度繰り返して身体をきれいにするといよいよ始まりです。

再び彼に後ろ手に拘束され、目隠しもされベッドに転がされるとアナルにクリームがたっぷりと注入されエネマグラで蓋されました。
そのまま横向きに寝さされ彼に後ろから胸を責められると胸が感じやすい私は『あぁっ・・・』と声が出てしまい、彼にセーラーの前を開けられて直接乳首を責められたときは全身に電気が走ったようになりピクピクしてしまいました。
『乳首感じるのか?』
『敏感な身体してるんだね。』

『明日の朝まで眠らせないからな。』
いやらしい言葉を耳元で囁かれるとたまらなく感じて自然に腰が動いていたと思います
ミニの中に彼の手が入ってきてクリを扱かれて
『こんなに大きく、ヌルヌルにして、そんなにいいのか?答えろ!!!』
『はい、いいの。逝かせて・・・』
『まだまだ、これからだよ。女の子の快感教えてやるよ』
経験無かったんだけどこれがドライって言うんでしょうか?

エネマグラの持続的快感のおかげで気持ちでは何度逝ったか分からず、腰が抜ける様な感覚でもう自分の意思では身体を動かせなくなってました。
アナルが勝手にひくつきエネマグラが私に快感を送り込みます。
彼は一旦私から離れるとクリの根元を何かで締め上げ袋も締められました。
『シリコンバンドだよ。君の好きなね!!』
『ぁぁっ、これぃゃ・・・ゆるしてっっ・・・・』
『だって、もう逝きっぱなしみたいになってるだろ?』
『これでも付けないと最後までもたないぞ!!!』

『ちゃんと俺が逝く時は逝かせてやるから・・・まぁ、それまでに何回逝くかな?』
『黙って逝くなよ!アナルの締め具合でわかるんだからな!!!!』
言い終わるとエネマグラを抜きクリ-ムのような液体を私のアナルにぬり。彼の大きくなった物を私に入れてきたのです。
『ほら、身体の力を抜いて・・・ゆっくりいくよ・・・』
ぬるりと物がアナルに沈み込み、先端はかなり奥まで届いたようです。
『さあ、ゆっくり動いてみるからね。』

最初はゆっくり、次第に激しく、私はまるで女になったかのようにあえぎ声をあげてしまいました。
私は何度も逝きそうなのに、根元が締め上げられているので射精できません。
彼は私の乳首やクリを責めながら、バックから正常位、騎乗位と体位を変えては突きまくります。
その後のことはよく覚えていません。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。